薬剤師さんって?

薬剤師さんって?

病気を治したり健康を保つために、お薬は皆さんの生活に欠かすことのできないものです。お薬が開発・製造され、病院や薬局を通じて皆さんの手に届くまでのあいだ、すべての段階で、お薬の専門家として、お薬の安全性に責任を負っているのが薬剤師なのです。

薬剤師さんの仕事って?

調剤薬局やドラッグストアー、病院や製薬メーカー、保健所など幅広い分野で活動しています。

薬剤師法の第1条には、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」と規定されています。

薬局の中でお薬を調剤するだけではなく、地域のみなさま一人ひとりの健康づくりの手助けをすることが薬剤師の仕事である、と言う事がわかります。 

また、医療法という法律には薬剤師が医師、歯科医師とともに「医療の担い手」と書かれています。ですから薬剤師には、調剤や医薬品の供給、在宅医療などを通じてお薬や情報を提供する医療人としての役割もあるのです。

薬剤師さんにはどうやったらなれるの?

薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
受験資格は薬剤師法で6年制の大学で薬学に関する正規の課程を卒業した人に限定されていますので、薬学系の課程のある6年生の大学に入学することが必要です。