おくすり手帳の使い方

おくすり手帳の使い方

おくすり手帳は、調剤薬局や病院で調剤されたお薬の履歴(あなたが服用したお薬の記録)をまとめた手帳のことです。災害時や旅先での急病やケガなどで、かかりつけの病院・歯科医院や薬局に行けない場合にも、おくすり手帳は大変役に立ちます。

おくすり手帳の目的

相互作用の防止:

複数の病院や歯科医院にかかっていて、いくつかのお薬を処方されている場合、おくすり手帳を医師や薬剤師に見せることで、お薬の飲み合わせに問題がないかどうかを調べることができます。

重複投与の防止:

お薬の名前は違っていても、同じ成分のお薬もあります。おくすり手帳を医師や薬剤師に見せる事で、同じお薬が処方されることを防げます。

薬品アレルギー・副作用の防止:

おくすり手帳に過去におきたお薬のアレルギーや副作用を記載しておくことで、そのリスクを防ぐことが出来ます。

病歴・病状の推測:

過去から現在までに処方・調剤された薬がまとめて分かりますので、おくすり手帳の内容からおおまかな病状の推測ができます。 

おくすり手帳の利用法

  • おくすり手帳は、病院や薬局を利用する際に必ず提示ください。
  • 薬局でお薬を購入する時は、薬剤師におくすり手帳を提示して、新たに飲むことになったお薬をできるだけ記入してもらうようにして下さい。
  • おくすり手帳は一冊でどの医療機関や薬局でも使います。病院や薬局ごとに手帳を作ると、服用している薬のチェックが出来なくなります。
  • 保険証などと一緒にいつでも携帯できるようにしてください。
  • おくすり手帳を薬局にお持ちいただくと、サプリメント・健康食品・一般用医薬品との飲み合わせもチェックすることができます。
  • 「おくすり手帳」をご自身のお薬の管理にお役立てください。